肌診断の結果(カネボウ ビューティアナライザー)

略式スキンケア
スポンサーリンク

肌についての情報を発信するからには、客観的な情報が必要!と思い、先日コスメカウンターにて肌診断を受けてきました。

 

※生理前と伝えると、いつもより悪い結果が出るかもとのこと

 

結果は…

スポンサーリンク

肌年齢

実年齢:●●●● 肌年齢:●●●

実年齢より少し若い結果。

入力時に5歳刻みで年齢を選択したので、1歳〜5歳若いということでしょうか。

◎の項目

  • キメの均一度
  • キメの大きさ
  • 毛穴の変化度(老化とともに潰れる毛穴の丸さ)
  • 肌の色明度
  • メラニン量
  • 血色
  • ハリ弾力

その中で花丸マークが付いた項目

キメの均一度・毛穴の変化度・メラニン量・血色・ハリ弾力

○の項目

  • 水分量
  • 毛穴目立度
  • 肌の色色相
  • 血行

△の項目

  1. 皮脂量(多目)
  2. 表面の均一度
  3. 表面の剥離量

言い訳1.皮脂量 (多目)

これは朝にメイクをして14時頃に診断したのでこの結果と言われました。

言い訳2.表皮の均一度

表皮の均一度が△というのは、

「一部こすった様なめくれがありますね」とBAさんに指摘されました。  

即座に 、昨日お風呂にてタオルで顔をこすったことが脳裏をよぎりました。

(最後風呂だとたまにやっちゃう。居酒屋のおしぼりで顔拭くおじさまの気持ちが分かる。)

 

しかし美のプロに絶対にこれを悟られてはならないと思い、

「花粉症デビューしちゃったかもしれないです。なんかかゆくて〜…アハハ」

と脇に大量の冷や汗をかきながら答えました。危ないところでした。

受け入れる3.表皮の剥離量

これはその名のとおり、表皮が剥がれきっていないということのようです。 

これも的中。(コットンで表皮を磨くのを辞めて放置しています) 

ですがそのおかげで皮脂バランスが整い、大人ニキビが出来なくなったのは確かです。  

 

そもそも私のにきびは心的外的ストレスに起因するものが多かった気がします。 

肌診断の結果は表皮(外側)が△で真皮(内側)は◎ 。

名実ともに面の皮が厚くなり、

それがバリアとなって内側を守ってくれているのかもしれません。  

※超個人的な推測です。

まとめ 

以上のような結果で

そこそこ肌

の意味合いを理解していただけたのではないでしょうか。 

表皮の剥離量さえ目をつぶれば、あとはけっこう良い数値で肌年齢も若めです。 

そしてこの[表皮の剥離量]も

  • ビューティアナライザーというスコープを肌に当てる
  • 頰に貼ったテープを剥がしてスキャン

上記どちらか(どっちもやったから分からない)により判明するので、

肉眼で他人が「表皮残ってんなぁ~」と確認することは難しいかと思われます。  

「じゃ、いっか!?」 

と思える方はスキンケアを省略してみる価値はあるのではないでしょうか。

タイトルとURLをコピーしました