略式美容道

ブロッキング不要!ロングの女性向けのゴムを使った簡単セルフカットの方法・毛先をすくやり方も

time 更新日:  time 公開日:2019/03/11

ブロッキング不要!ロングの女性向けのゴムを使った簡単セルフカットの方法・毛先をすくやり方も

ロングヘアの女性に向けて、筆者がいつも行っているゴムを使った簡単セルフカットのやり方をご紹介します。外国人風ナチュラルロングを目指す方にはサロンよりおススメの方法かもしれません。

sponsored link

やり方

まずはこちらの動画をご覧下さい

急な丸投げ

急なラテン美女

に戸惑った方、申し訳ありません。

要約すると、

頭頂部より前にポニーテールをつくる

  1. 頭を逆さまにする
  2. ブラシを使って頭頂部より少し前~生え際辺りに髪を集める
  3. ゴムで止める

!注意!いつもポニーテールを作っている場所では束ねないこと。ばっつん毛先のポニーテールになってしまいます。

先ほどのゴムの少し先をもう一本のゴムで束ねる

もう一本のゴムで束ねたら、そのゴムを毛先側に滑らせます。

※これは切りたい長さによって好きな位置にしてください。

ゴムの少し先をバッツリカットする

後からすくので、ホントに大胆に、ハサミを横にして断髪式のようにやってしまって大丈夫です。

ヘアードネーションもやりやすいですし、子供にやらせても喜びます。

毛先側のゴムを一度取り、もう少し上で束ね直す→タテにハサミを入れて”すく”。

今度は”すき”の作業に入ります。

この動画では1:53あたりのステップになると思いますが、ゴムの位置についてはお好みで大丈夫です。私はゴムの位置を動画より2倍か3倍上にしてけっこう上のほうからすいています。

動画の美女のようにツヤ感を重視したい方は、動画と同じようなゴムの位置で大丈夫だと思います。

(好みの問題ですので初めは動画と同じく、物足りなかったらゴムの位置を上げると言う感じで調整していけば良い位置が見つかると思います)

仕上がりについて【参考画像】

「私はこういう(セクシーラテン)タイプじゃないから参考にならない」

と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、

意外とどんなタイプの方にもいけます!現に私も彼女とはかけ離れたタイプです。

美容室のヘアカタログには載っていない、

外国人風のナチュラルロングヘア

を目指す方でしたら、このやり方で満足いく仕上がりになると思いますのでお試しください。

↓雰囲気は全然違う方達ばかりですが、こんなかんじになります。上から、韓・米・中・仏美女

 

 

↓まとめ髪やヘアアイロンで巻くことが多い方や、美容院帰りはきちんとしすぎていて恥ずかしい!というおしゃれな方にもおすすめです。

この動画に加えてやっていること

左右の差をならす

髪を全部上に持っていって切るのでそんなに左右差は出ないのですが、

最初は上で束ねるのが下手だったりして左右差が出たりします。

最後に髪をおろして見て、長いほうを短いほうに合わせる

という簡単な作業です。

スタイリングしてから顔周りの髪を好きな長さに調整する

私は

  • えらが張っている
  • 頬骨が出ている

タイプなので、フェイスラインの毛がそのあたりにふんわりかかる長さに調整しています。

コテやカーラーなどでいつものスタイリングをしてから切ると確実です。

私もやる前は難しく考えていたのですが、「スタイリング後はこのくらい短くなるかな?」と予測して切るよりこの方がずっと直感的に切ることができるのでわかり易いです。(このときはスタイリング剤は付けない)

納得いくまでやり直しできる。これぞセルフカットの醍醐味!

↓使用道具や注意点はこちらの記事に記載しています。

ロングのセルフカットをする際のご注意と自宅から自分で送るヘアドネーションのおすすめ

sponsored link

筆者

マル

マル

30代主婦(在宅自営業)で小学生男児の母。 OL時代にC◯nCam読者モデル・資◯堂コスメCM等の出演経験もありながら、美に対しては超がつくほどの怠け者。 美容にはなるべくお金と手間をかけたくない!でもキレイになりたい!という熱い信念のもと、「フフフ」と心がほぐれる情報を発信していきたいと思います。 ※ブルベ夏・Wave・エレガント・o肌



sponsored link

“美意識”ランキングに登録されています。上位表示により「若く見せるより老いが恥ずかしいという世の中を変えた方が早い」という考えを広めるため、賛同いただける方はクリックのご協力をお願いいたします。(1日1クリックまで有効)

↓↓↓現在のランキング↓↓↓