大人の特権メイク(30代/40代/一重/奥二重ならではの綺麗さを生かす)

blog
スポンサーリンク

先日、大人だからこそのメイクの話をしましたが、筆者が大人になって初めて楽しむことができたメイクの項目をご紹介します。老いを恐れている少女たちよ、しぼんでもそれはそれで楽しいから安心して生きて!

リアーナのメイク動画と30代からのメイクについて

大人メイクの仕方と方向性について

スポンサーリンク

血色を与えるこっくり口紅

20代までは元の唇の色が赤みを帯びている方が多いと思いますが(それが悩みでもあったりした)、年齢を重ねるごとに、唇の色はくすんできますよね。もう今までのナチュラルグロスでは顔色が悪く見えてしまっていると思います。

だからこそ、今がチャンス

ファンデーションで一度唇の色を消さずとも見たままの発色が楽しめますし、こっくりした口紅を付けると顔色がパッ!と明るくなるのを実感できると思います。

厚く塗ってもいやらしい感じにならないのも大人の利点ですね。

 

また、今までメイクに興味の無かった大人の方も

  • 好きな本や人になぞらえたネーミング
  • 好きなお花・果物の色
  • 好きな香り

など、大人になって確立した自分の好きな物に関する商品を選べることが口紅の最大の魅力ではないでしょうか。

ストーリーを纏うことで気分を上げる。

これこそが大人メイクの楽しみ方ではないかと私は思います。

【ブルベ/大人/敏感唇用】おすすめの荒れない口紅とリップで荒れる原因探しの旅

 

↓好きな人物の名前で選びたいTOM FORD

↓詩的なネーミング&カラーリングならADDICTION

↓お花が入って見た目が抜群にかわいいカイリジュメイ

しぼんだ時こそコントゥアー♪

コントゥアリング:ハイライトとシェーディングを駆使して立体小顔を作る技術

引用 美的.com

筆者は若い頃、身体はガリガリなのに顔は何をしてもパンパンでした。なので、シェーディングをしてもすごく違和感が出てしまっていたのです。

ですが加齢でやっと顔の肉が落ちてきて、念願のコントゥアリングが出来るように!

頬骨が出ているのもコンプレックスでしたが、頬骨は顔肉のテントの役割を果たしてくれるらしいので今では頬骨様様で強調しています。

おススメハイライト↓

まぶたの窪みにアイシャドウ

顔同様、若い頃はまぶたもパンパンで奥二重がほぼ一重になっていたのですが、これも顔の肉が落ちたことにより夕方になると目元が窪み、アイホールが分かりやすくなりました。

地球規模で見たアイシャドウの傾向としては、キワからのグラデーションではなくアイホールの窪みを生かし、眼球部分は塗り残す。という、骨格を生かしたフェーズに突入しているのではないかと感じます。

 

これはもう本格的に(眼)球体のスケッチ技術を磨かないと…小学校の美術で教えて欲しい!

頭蓋骨の穴の大きさは人種によってそんなに変化はありませんから、今までのように一重小さな目で悩んだりしなくても、今の骨格を『生かす』傾向に近づいているということですね。いいぞもっとやれ。

たるんだ目尻にアイライン

アイラインは本当に、経験年数と技術という面でも大人の成せる業ですが、

単純にぼやけた目の印象の引き締め効果と、色気の増幅効果が若い頃の比では無い!と人の目を見て思います。

会話しながら人のアイラインを盗み見ることが多い筆者ですが(悪趣味?)、上手な人は本当に尊敬の対象です。

※昔のようなデカ目ラインではなくて、目尻の跳ね上げラインのことです。もうこれは経験あるのみ。早く上手になりたい…

”モテ”を意識しなくて良い

これは大人メイクの最大の強みではないでしょうか。

若い頃は自分の好きなメイクがあったとしても、「異性受けはちょっとな…」と躊躇した経験があると思います。

キラキラのラメや、白い粘膜ラインカラーアイライナーマスカラごんぶと眉毛

もう今、好き放題!!

若い方も異性受けを気にしてメイクする必要はありませんが、でもやっぱり気にしてしまいますよね。それはそれでその気持ちも可愛いです!早く異性の感覚が追いつくと良いですね。

ただ今こちら、好き放題!

未来をお楽しみに。

まとめ

大人だからこそメイクについて記載しましたが、筆者もまだまだ練習中です。

過去にに習得したエビ○ゃんメイクからずっと抜け出せずにアレコレもがいて、各種コスメ雑誌を参考にしたり、オルチャンメイクなんぞもしてみましたが「何か空しいぞ…?」と違和感を感じた結果、ここに至っています。

リアーナのメイク動画と30代からのメイクについて

大人メイクの仕方と方向性について

ただ言いたかったことは、

好きな色を付けると生活が楽しい!

という単純なことです。

 

メイクアップに興味の無い方も、義務感でメイクをしている方も、こっそり自己満メイクに挑戦してみてはいかがでしょうか。

化粧水も乳液もいらない略式スキンケアのやり方についてはこちら

タイトルとURLをコピーしました