マウスピース矯正の装着は寝る時だけ短時間でもOK?サボると戻る?最短で動かす方法は

デンタルケア
スポンサーリンク

マウスピース矯正は一日中着用しなくてはいけないのか、寝る時だけの着用はOKなのか、付けるのを数日サボると歯並びが戻るのか、筆者の体験を記載しました。結婚式や七五三など、イベントに向けて矯正を始める方の為に最短で動かす方法も。

南青山矯正歯科クリニック
スポンサーリンク

夜だけの着用でも動く?日中付けてもバレない?

結論から言うとマウスピース矯正は夜だけの着用でも少しずつですが歯は動きます。現に筆者は夜寝るときだけの着用にしていましたが1ヶ月後にはきちんと歯が動いていました。

体質にもよると思いますが、日中はつけたくないという方でも気軽に行える点が魅力だと思います。

日中の着用の違和感については個人差があると思います。

↓筆者が夜寝るときだけしか着用していなかった理由はこちらに記載しています。

着用をサボっていると戻るのか?

これは正直、サボっている時期にもよります。

筆者は風邪をひいた際や旅行中は数日着用していませんでしたが、

マウスピース更新から間もないとき(引張りが強い時期)→戻りやすい

マウスピース更新から時間が経っているとき→戻りにくい

という体感です。

最短で動かすには?

イベントなどに向けて矯正を始められる方はゴール時期も重要ですよね。

最短で動かすには、当たり前ですが出来るだけ長い間着用することです!

なるべく日中も着用して効果を早め、

動ききったらすぐに新しいマウスピースに更新しましょう。

間食が減るのでダイエット効果も期待できます。

費用とメリット・デメリット

↓マウスピース矯正の費用と思わぬメリット・デメリットについてはこちらの記事に記載しています。

まとめ

マウスピース矯正は、短い時間の着用でも少しずつ歯は動きます。

逆に、長く着用すればするほど早く動くので、歯並びの改善を急ぎたい方はなるべく長く付ける様にして、動ききったらすぐに次のマウスピースに更新しましょう。

ご自分が定めたゴールの時期に合わせて、着用時間を調整してみてください。

南青山矯正歯科クリニック
タイトルとURLをコピーしました