ファンデーションの塗り方の注意とシーンによる使い分けのススメ

スポンサーリンク

「塗れたマシュマロスポンジでポンポン」「ブラシで磨く」など、一般的に良いとされているものが大人ニキビ肌さんには不向きな場合もあります。
オイリー・混合肌におススメのファンデーションの塗り方と、それらの使い分けについてを記載します。

スポンサーリンク

略式スキンケア肌に対するベースメイクのつけ方の注意

略式スキンケアは、必要以上に角質を除去しないスキンケア法です。(肉眼では分かりませんが、肌診断で肌にテープを貼ってはがしたときの角層量がスキンケアに勤しんでいる方より多めです。)

ですので、

下から上に向かって叩き込む

ブラシでクルクルと磨く

など、摩擦を起こすベースメイクの塗り方は不向きです。

ニキビの原因になるだけでなく、時間が経つと気にしている毛穴が余計に目立ちますし、角層がめくれ上がって乾燥しているように見える恐れもあります。

上からピタッと覆って光でアラを隠すタイプのファンデーションの方が向いていると思います。

普段メイクとイベントメイクの使い分けのススメ

オイリー肌や混合肌はメイクが崩れ易いのが悩みですよね。ある程度時間が経ったときの仕上がりを比べると、ノーファンデで下地のみの方がむしろ評判が良かったりしませんか?

これらのタイプの方ははハリもありシワもできにくい方が多いので、毛穴や赤み以外はそんなに補正するものは無いのではないかと思います。イベント時以外は薄メイクでもそこそこいけちゃうのではないでしょうか。>>大人ニキビ肌は金のタマゴ肌?

ですので、筆者のメイクも

  1. 普段→極うす
  2. イベント→しっかり+こまめなお直し

の両極端です。

【普段メイク】

手順

  1. 日焼け止めジェル
  2. 下地
  3. コンシーラー
  4. チーク
  5. 気になる毛穴だけ狙ってプライマー
  6. 自分の皮脂が出てきたらクリアパウダー

以上です。複雑なことにデパコスよりコチラのほうが評判が良いです。

目指す雰囲気

平日は服装がカジュアルなのでデイリーメイクはバランスをとるためにも素肌に近い仕上がりにしています。

毛穴が目立つオイリー・混合肌さんは、重ねれば重ねるほど毛穴が悪目立ちしてしまいますよね。忙しい普段メイクでは1時間おきにパウダーなんか塗っていられませんから、ごく薄付きに仕上げています。

下地とコンシーラー・おしろい(もしくはファンデを気になる部分だけ)を着けてリップなどのポイントメイクを楽しむ。肌のアラを完全に隠さない方がむしろ抜け感があっておしゃれです。

↑アラを残した肌でポイントメイクを遊ぶ例です。おしゃれですね。(本当はアジア人のサンプルを出したかったのですが、みんなコッテリ塗っていて見つからない!我々はその分時間を損しているのだ!)

ポイント

日焼け止めでドゥルドゥルのうちに下地(ファンデーション)を付ける

これによりベースメイクが薄づきになるのでそうしています。

洗顔後すぐは何も塗らない方が程よい皮脂が出て馴染みが良いです。ですが時間の無いときはすぐ日焼け止めを塗っても特に問題なし。最初少しつっぱるくらいでそのうち馴染みます。

角質を起こしちゃった時は

もし角質を擦ってめくれてしまったときは、その部分だけメイクの上から日焼け止めジェルやクリームを上からチョンと塗ればまた寝ます。

使っているクリーム

” 水、ゴマ油、アーモンド油、エタノール、ステアリン酸グリセリル(SE)、ラノリン、ミツロウ、トウキンセンカ花エキス、キサンタンガム、香料 ”※引用 weleda公式

カレンドラはブタクサアレルギーの方には不向きと聞いたのでこちらでも◎↓

” エチルヘキサン酸セチル ・セタノール ・トリエチルヘキサノイン・ バチルアルコール・ジメチコン・BG・水添レシチン・ペンチレングリコール・トレハロース・ヒアルロン酸Na・ ユビキノン・ シクロデキストリン・ チオクト酸・水飴・ポリクオタニウム−51・ミリスチン酸ポリグリセリル−10・メチルパラベン・プロピルパラベン・ フェノキシエタノール・EDTA−2Na・キサンタンガム・ 水酸化Na・ 水”※引用 ちふれ公式

【イベントメイク】

目指す雰囲気

遊びに出かける時やパーティ・式典などのイベント時・攻めの服装をするときなどは厚化粧ぐらいのほうが雰囲気が出ますし気分も高まりますね。

その際の注意事項を記載します。

連日じゃなければ保湿もOK

普段は基礎化粧品をつけない筆者ですが、究極の毛穴レスに仕上がるのはメイク前にめちゃくちゃ保湿する方法です。(皮膚を膨張させるので当たり前ですね)

ですので、プロの人にメイクしてもらうときや気合いを入れる短時間イベントの際は前述のクリームでマッサージしてむくみを取ってからメイクを始めることもあります。

「染み込ませてもその場しのぎ」

と日頃からうたっている略式スキンケアですが、ここぞ!という【その場をしのぎたいとき】でしたら保湿をしても構いません。

※数日続けるとニキビが出来ますので「イベント限定」というわけです。

スポンサーリンク
略式美容道
タイトルとURLをコピーしました