略式美容道

Offlo agarini soku beer. Asawa girigilimade netai. Uita okanede asobitai.

【後ろも簡単】ロングの髪を自分で切る理由と方法  

time 更新日:  time 公開日:2019/03/11

【後ろも簡単】ロングの髪を自分で切る理由と方法  

「美容室で要望を伝えるのが下手!」
「でもロングの髪を自分で切るのは無理!」
と思っていた筆者がセルフヘアカットに移行した理由と方法をご紹介します。
この方法だと難しいと思っていた後ろのカットもらくらくです。
目指すは外国人風ナチュラルロング。

sponsored link

私がロングヘアを貫く訳は、朝楽だから。

まず筆者の髪型ですが、人生のほとんどをロングで過ごしています。

理由は、一番楽だから!

  • 洗うのが大変
  • 排水溝やお掃除ロボットの掃除が少し面倒

というデメリットはありますが、洗うのは慣れてしまえば簡単ですし、何より

朝の寝癖直しの時間が短縮できる

というのが一番の理由です。

 

朝の時間って他の時間より貴重度が高いと思いませんか?でも外に出るからには寝癖は後回しにはできないんですよね…

>>筆者の怠け者レベルについてはコチラ

セルフカットを始めたきっかけは美容師さんの言葉

といっても数年前までは筆者も普通にサロンで切ってました。

「セルフカットをやってみようかな?」と思ったキッカケは、美容師さんの

「このくらい長かったら自分で切れそうだけどね……アッ!でも来てもらったら嬉しいけど(汗)」

という言葉。

えっ美容師さんがそれ言っちゃう?商売下手かよ?

と思いましたが、 後半の「しまった感」がリアル感を増して、ちょっと挑戦してみようかな。という気になりました。

(実際どこかの御曹司らしいので無償の愛精神に妙に納得&信用。セールス感が無くて行きやすいサロンなのでイベントの前などは利用する予定です)

セルフカットはこんな方におススメ

要望を伝える話術が無い・修正を指示する勇気も無い

美容室で一番困ることは、自分が「こうしたい」という髪型をスタイリストさんにうまく伝えること。

「こんな感じで」と言ってサンプルの写真を見せるのがお互いに一番分かりやすいと思いますが、

ある程度の年齢になってくると好みの雰囲気や軽くしたい場所・前髪の長さが決まって来るので、それとぴったり合うものをヘアカタログから探すのが非常に大変です。

あとはやっぱりそのときのスタイリストさんの好みとか、流行も取り入れて切ってくれたりするので、

それを「そうじゃない」と否定するのは気が引ける。

向こうはお仕事なので別に不快感を感じることはないと思いますが、せっかく提案してくれたのに言いづらいですよね…

※優しさよりは「へんくつ者だと思われる」恐怖。

ラフな雰囲気が好きな方

美容室のヘアカタログに載っているのは大抵、気合を入れてバッチリセットした髪型なので、ラフな雰囲気が好きな方はなかなか好きな髪形が載っていないと思います。

きっちり・つやつやストレートが好きな方にはおススメしません。外国のファッションスナップに出てくる人のようなラフでドライな髪型が好みの方におすすめです。

シニヨン(まとめ髪)・ヘアアイロンを使うことが多い方

色々なサロンでレイヤーを入れてと頼んでも、昨今の重めブームでごく控えめレイヤーにされるか、一昔前のひし形シルエットにされることが多いです。

私がやっているセルフカット方法の場合は毛先の束が三角形になるので、まとめ髪が力士のようになることはありませんし、レイヤーが入っているのでコテで巻いた時のカール持ちも良くなると思います。

ヘアドネーションをやってみたいと思っている方

広まりつつありますが、まだまだ未対応のサロンが多いヘアドネーション(髪の寄付)

私が行っているヘアカット法だと

切ってそのままワンステップで封筒に入れられるので

手間を省けておススメです。


以上のような方が、セルフヘアカットに向いている方だと思います。

  • 既に信頼できるヘアスタイリストさんがいる方
  • 色んな髪型に挑戦してみたい方

は気分転換にもなりますし、ぜひサロンで施術してもらってください。

具体的なやり方は?

コチラの記事に記載しています。

まとめ

ロングの方のあるあるお悩みとして、

「もしかして誰が切っても大差ない?」

「間が開きすぎて行きづらい…」

「ロングは伸びてもロングなので切り時を逃しがち」

「でもサロン料金は割り増し」

ということが挙げられるのではないかと思います。

 

セルフカットをすれば

  • 気軽に爪きり感覚でカットして枝毛防止
  • サロン代や時間の節約
  • 納得いくまでやり直し

など、自分次第で融通が利く点が便利ですね。

 

失敗しても髪はすぐ伸びますので(あまり失敗しようのない方法ですが)、気軽に一度お試しになってみてはいかがでしょうか。

ブロッキング不要!ロングの女性向けのゴムを使った簡単セルフカットの方法・毛先をすくやり方も

sponsored link

筆者

マル

マル

30代主婦(在宅自営業)で小学生男児の母。 OL時代にC◯nCam読者モデル・資◯堂コスメCM等の出演経験もありながら、美に対しては超がつくほどの怠け者。 美容にはなるべくお金と手間をかけたくない!でもキレイになりたい!という熱い信念のもと、「フフフ」と心がほぐれる情報を発信していきたいと思います。 ※黄み肌ブルベ・Wave・エレガント・o肌



sponsored link

“美意識”ブログランキングに登録されています。

【若く見せるより老いが恥ずかしいという世の中を変えた方が早いよ運動】

にご協力お願いいたします。(1日1クリックまで有効)

↓↓↓現在のランキング↓↓↓